以下は、中小企業やスタートアップの方から、特許について実際にお聞きした声です(内容は一般化してあります)。特許の専門家の立場から1つずつコメントしていますので、一覧をクリックしてご覧ください。



「特許は取りたいんだけど、発明がなくて」

発明のことを、何かこう、すごく大層なものと思っていませんか?実は、特許になる発明って、そんな大層なものじゃなくていいんです。

続きを読む

「特許って、何の役にも立たなくない?」

特許はライセンスして儲けるためのもの、ではありません。特許を取る意味について、自社の経営課題と照らし合わせながら考えてみましょう。

続きを読む

「前に弁理士に頼んで特許出願したけど、結局特許にならなかったんだよ」

取りたい特許を確実に取っていくためには、コツがあります。コツを知って、取りたい特許を確実に取っていきましょう。

続きを読む

「特許を取りたいんだけど、お金が足りない」

特許にはお金がかかります。しかし、それで特許出願をためらっていては、せっかくの成長機会を逃してしまいます。特許をよく理解している投資家を探しましょう。

続きを読む

「全部大手に持っていかれた。特許はもうコリゴリ」

共同開発の成果を、権利まで含めてすべて大手企業に渡してしまってはいけません。共同開発の契約は、よく考えて行いましょう。

続きを読む

「特許を使って技術を独占したら、ひどい目に遭った」

特許を使えば技術を独占することができますが、何でもかんでも独占すればいいというものでもありません。短絡的思考に陥らず、よく考えて特許を使いましょう。

続きを読む

「この発明を世のため人のためぜひ皆さんに使ってもらいたい。だから特許は取らない」

技術が特許で守られていないことは、その技術を使う人にとって大きなリスクです。あなたの発明を社会に役立てるためにも、発明をしたら特許を取りましょう。

続きを読む

「特許って取った方がいいのかな?」

事業を進めるうえで、特許を取ることは非常に重要です。でも、そのために投資を受ければ責任が生じます。どうすれば一番幸せになれるのか、一緒に考えていきましょう。

続きを読む

お気軽にお問い合わせください。03-5875-5912受付時間 9:00 - 17:00 [ 土日祝、年末年始を除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。